スターゼングループ案内

沿革

昭和23年 6月 全国畜産協同組合を母体に全国畜産(株)を設立(資本金750万円)。
昭和30年10月 オーストラリアより初めて冷凍牛肉の試験輸入を行う。
昭和32年 4月 豚枝肉輸送本格化。氷冷却貨車による初めての遠距離輸送で業界の注目を集める。
昭和33年 3月 初の冷蔵トラックによる豚枝肉輸送、業界のリーダーシップを執る。
昭和35年 3月 牛・豚部分肉の規格化を日本で初めて実施。
昭和37年 3月 加工部を設置。横浜工場においてハム・ソーセージの製造開始。
昭和37年11月 東京証券取引所市場第二部へ上場。
昭和42年 3月 東京食肉市場発足とともに仲買部門を分離し、(株)丸全を設立。
昭和45年 6月 社名を「(株)ゼンチク」に改称。
昭和47年 4月 日本マクドナルド(株)と取引契約、千葉工場を開設しハンバーガーパティ製造開始。
昭和47年 9月 ゼンチク・オーストラリア社を設立。本格的な海外事業展開を開始。
昭和52年 9月 東京証券取引所市場第一部へ上場。
平成元年 4月 食肉安全検査所を設置。商品の安全・衛生面の管理体制を強化。
平成 7年12月 豪州のミートパッカー G&Kオコーナー社に資本参加。
平成 8年 4月 調理済、半調理食品等の販売事業を分離独立させ(株)ゼンチク販売を設立。
平成 9年 4月 物流合理化を目的に(株)ゼンチク物流を設立。
平成10年 5月 各地の食肉加工工場を統合し、(株)スターゼンミートグループを設立。
平成11年 4月 社名を「スターゼン(株)」に変更。
平成12年 2月 ローマイヤ(株)と資本並びに業務提携。
平成15年 2月 国産牛の生産履歴情報システムを確立。ホームページにて情報の発信を開始。
平成16年 6月 国産豚肉の生産履歴情報システムを確立。
平成16年10月 いわき営業所、流通業では国内初となるSQFの認証を取得。
平成17年 7月 麺類の生産・販売を行う(株)青木食品を設立。
平成19年 7月 輸入食肉卸売事業を分社、スターゼンインターナショナル(株)を設立。
平成20年10月 国内食肉卸売事業を分社。スターゼン北日本販売(株)、スターゼン東日本販売(株)、
スターゼン西日本販売(株)、スターゼン南日本販売(株)の4つの販売会社を設立。
スターゼン(株)は事業持株会社となる。
平成21年 6月 スターゼンヨーロッパ社を設立。
平成22年 7月 (株)キング食品を子会社化。
平成22年 7月 食肉・食品の加工販売を行うスターゼン広域販売(株)を設立。
平成22年10月 (株)スターゼンミートグループが、社名を「スターゼンミートプロセッサー(株)」に改称。
平成24年 8月 ローマイヤ(株)を株式交換により完全子会社。
平成25年 4月 スターゼン東日本販売(株)と北日本販売、西日本販売、南日本販売を合併し、スターゼン販売(株)を設立。
平成25年10月 スターゼンシンガポール社を設立。
平成26年 4月 林兼産業(株)と業務提携。
平成28年 5月 三井物産(株)と資本業務提携。
平成28年 8月 スターゼン販売(株)関西プロセスセンターがSQFの認証を取得。
スターゼングループ内のSQF認証取得はここまでで55ヵ所となる。
平成28年 9月 帝神畜産(株)と業務提携。
平成28年 9月 (株)ニックフーズを子会社化。
平成29年 2月 スターゼン食品(株)設立。

▲ページトップへ